賃貸マンション選びにおけるエアコン

賃貸マンション選びにおけるエアコン

賃貸マンション選びにおけるエアコン 賃貸マンションを選ぶ条件として「エアコン付」という人も多いでしょう。
最近では付いている物件は多くなっているものの、まだまだついていない物件もあり、特に一人暮らし用の1Rや1Kタイプには設置されている事が多いです。
一方でファミリータイプの複数部屋がある賃貸マンションでは設置されていないケースが多く、各々入居後に設置するという事が多いです。
エアコン付物件を選ぶ際には設置されている年式が古くないか調べておくと良いでしょう。
最新式や年式が新しいタイプは省エネタイプが多く、長時間稼働しても電気代はさほどかかりませんが、年式が古いタイプですと省エネモードではないので電気代が高くつく事が多いです。
契約前に新しいタイプに設置出来ないか交渉してみても良いでしょう。
一方でエアコンがない物件には設置する際にコンセントや室外機置き場や壁に穴がすでに開いているかの確認もしておく事が大切です。
設置の際に室外機の置き場が確保できない場合にはコンセント増設や穴を空ける際は管理人の許可なしでは行えないのでウィンドウタイプのエアコンを検討するか他の部屋に設置をする事になるでしょう。
設置する際には取り付け費用、退去時には取り外し費用が別途個人負担でかかります。

賃貸マンションの水道について

これから初めて賃貸マンションを借りる方は、水道の問題について次の二つのポイントを覚えておいてください。
まず一つ目は、賃貸マンションの場合、使用した水道の料金は本人が直接水道局に支払う場合と、大家さんや管理会社に場合の二つの方法があるということです。
これは方法が選べるというわけではなく、物件によって支払方法が異なっているということです。
自分で水道局に支払う場合は、口座振替、納付書などを使って、自分で支払を行います。
大家さんや管理会社に支払う場合も、振込みや口座振替などによって、やはり自分で支払を行います。
次に覚えておきたいポイントは、料金が高いと感じた場合には、メーターを確認するということです。
賃貸マンションに住んでいて、たまに料金がやたらと高いと感じることがあるかもしれません。
そういうときは、一世帯ごとに取り付けられたメーターを確認してください。
メーターはマンションの玄関付近に設置されているはずですが、それを確認すれば自分が使った水の量を確認することができます。
そしてそれを請求書と照らし合わせて間違ったところがあれば、すぐに管理会社や大家さんに電話をしましょう。
あるいは直接自分で役所に電話をかけて問い合わせることもできます。


注目サイト


立川で実績のあるiphone修理業者です


立川のiphone修理業者を紹介します





最終更新日:2020/5/22